ミュラー堀籠晶子医師へのインタビュー!

ドイツで医師の資格を取得し、登録ボランティアの医師としてドイツ国際平和村を支えているミュラー堀籠晶子医師へのインタビュー! 【ドイツ国際平和村の活動に参加したきっかけは?】 放射線科医として勤務する夫を通じてドイツ国際平和村のことを知りました。彼は外傷外科医がドイツ国際平和村の子どもたちの治療計画を立てられるようにレントゲンやMRIといった画像の診断をしています。夫は子どもたちがとても重い傷を負っていることを知ってショックだと私によく話してくれました。 それ以来私もドイツ国際平和村について思いを巡らせるようになりました。ドイツ国際平和村のことを詳しく知りたいと思い、登録ボランティアセミナーに参加することに決めました。当初は私にできることがあるのか全く想像がつきませんでした。セミナーではドイツ国際平和村について詳しい紹介がありました。特にドイツ国際平和村のスタッフやベテランボランティアの方が大変親身に対応してくださったので、何の不安もなくボランティア活動を始めることができました。現在、施設内のリハビリセンターでの活動と地元の協力病院の付き添いボランティアをしています。

1 2 3 4 5 6 39