アフガニスタン東部での地震

被災地の人々への緊急支援

2022年6月22日(水)未明(アフガニスタン時刻)、アフガニスタンとパキスタン国境地域のアフガニスタン東部パクティカ州とホスト州の地域で地震が発生しました。メディアによると、1000人以上が亡くなり、数多くの人々が行方不明となっています。現地では引き続き、救助活動が続いています。ドイツ国際平和村は、現地パートナー団体のアフガニスタン赤新月社に連絡し、この度、緊急医療セットと食糧物資の支援を行うことにしました。これらの物資は現地パートナー団体によって分配されます。

アフガニスタン赤新月社は、パクティカ州に支部があります。緊急会議を開き、まず初期の必要援助を行うため、500個以上のテントを含む援助物資を早速被災地に送りました。そのあたりはヒンドゥクシュ山脈の山岳地帯のため、奥地の被災地に向かうには困難が伴います。赤新月社のスタッフは、「これから死者数は増えるでしょう。人々に早急な支援が必要です。」と現地の様子を報告しました。

人道危機が及ぶアフガニスタンに、今度は自然災害である地震が襲い掛かりました。2021年夏の政権交代により、多くの国際的に活動している団体がアフガニスタンから引き上げ、アフガニスタンの人々は日々生きていくことに精一杯です。人々は食糧品を購入する費用を得るため、保持しているものはすでに売り払っています。職を失ったり、給料の支払いがなされないため、人々は収入もありません。政権交代前、アフガニスタンは、国家予算の75%を国際社会からの資金で賄っていました。この資金は今はどこにもありません。この状況下で、最も苦しんでいるのは子どもたちです。将来への絶望感が蔓延し、今回の災害により、人々の苦しみはさらに広がっています。他国の支援団体がアフガニスタンにいなくなった今、被災地での救助活動と生存者への支援は困難を極めています。この地震の速報後、ドイツ国際平和村は緊急支援を行うことにしました。この緊急事態に、「私たちはあなたたちを忘れていない」という意志を現地の人々へ伝えなければなりません。

ドイツ国際平和村は、被災された方々、その家族、そして今この瞬間も生死の境で生き延びようとしている人々に寄り添い、できる限りの支援を続けていきます。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht.