治療を終えた子どもたちが母国アンゴラへ帰国できます!

アンゴラの子どもたちの帰国パーティ開催

「ようやくダンスが思う存分できるようになった!」と、アリアナ、デルフィーナ、ディアナの3人が嬉しそうに話します。彼女たちは、帰国パーティで、母国アンゴラの曲に合わせて、素晴らしいダンスを披露しました。

彼女たちのダンスを見る限り、数カ月前まで、踊れなかったことが信じられません。母国アンゴラでは、適切な治療を受けることができなかったため、彼女たちは重い骨髄炎や骨の変形を抱え、その治療をドイツで受けていました。渡独後、手術やリハビリを受けていましたが、現在は3人とも治療を終えています。
帰国パーティでは、3人の発表の他にも、ダンスや歌、そして劇の発表がありました。このパーティのために、子どもたちは、スタッフやボランティアスタッフと何週間もかけて、練習してきました。

来週、アリアナ、デルフィーナ、ディアナも含め、治療を終えた子どもたち計21名が、家族の待つ母国アンゴラへと帰国します。母国に到着したら、痛みもなくのびのびと、思い切りダンスをする姿を家族や友だちに披露することでしょう。

帰国する子どもたちが使用するチャーター機の復路便には、早急な治療を必要としているケガや病気を抱えたアンゴラの子どもたちが乗機します。2021年7月7日(水)にドイツへ到着する予定です。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.