2019年12月3日(火)

2019年12月3日(火)

紛争や危機的状況にある地域のケガや病気を抱えた子どもたちの多くは、現地で適切な治療が受けることができません。ドイツ国際平和村は、治療を必要としている子どもたちへ、ドイツでの医療を提供しています。ドイツに到着したばかりの子どもたちとのコミュニケーションは、ハンドサイン(ジェスチャー)です。子どもたちは渡独する直前に、ハンドサイン(ジェスチャー)を練習します。「グーで親指を立てるサイン」は、グッドや大丈夫というサインではなく、「トイレに行きたい!」という合図です。

撮影:安井 浩美

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.