12月11日(火)

REPORTAGE - FRIEDENSDORF INTERNATIONAL, Dienstag 07.10.2014 in Oberhausen. Foto: Jakob Studnar / fotopool

12月11日(火)

ドイツ国際平和村が受け入れる子どもたちの多くが骨髄炎に苦しみ、

ドイツで治療を受けるために渡独します。多くの場合、骨髄炎は細菌感染が原因で起こります。医療的対応がなされないと、死に至ることもあります。細菌は、身体の中の他の感染源から血液を介して、骨や骨膜へ感染を広げます。また、外傷によって炎症が発生する場合もあります。子どもたちの母国では医療制度や衛生環境が整っていないため、小さなケガから重症の骨髄炎になってしまうのです。

写真:Jakob Studnar

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.