ドイツの外務省より連絡

ドイツの外務省より連絡:
アフガニスタンの子どもたちへビザを発給する可能性

2018年6月13日、外務省から突然の連絡がありました。今年8月に予定している

援助飛行に向け、ケガや病気を抱えたアフガニスタンの子どもたちのために、少なくとも50人のビザを発給するとの報告でした。この報告を得て、現在、通常の援助飛行の際と同様、アフガニスタンとその周辺国へのチャーター機を使用した援助飛行が可能かどうかの確認を緊急で行っています。本来なら、3か月前までにはチャーター機を予約していなければならないので、8月までの短期間でチャーターできる航空機が見つかるかは確実ではありません。それゆえ、チャーター機が見つけれらなかった場合のために、路線便での援助飛行をする場合の予定も立てています。

アフガニスタンでは、現地パートナー団体の赤新月社が、援助飛行の準備が間に合うかどうかを調べています。8月の援助飛行が実施される2週間半前には、ドイツ国際平和村のスタッフが現地入りし、ケガや病気を抱えた子どもたちとの面会を行います。

前日まで、アフガニスタンへの援助飛行が実現できないかもしれないと思っていたので、この外務省からの予想もしなかった報告をスタッフ一同心から喜んでいます。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.