福生市公民館平和事業 8月3日~8月14日

ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」 平和パネル展 東京・福生市

ドイツ国際平和村は、次のように考えます。「平和は何もせず、向こうからはやってこない。私たちが平和を創り、平和を育てなければなりません。」
そのためには、私たち一人ひとりが日常生活の中で、市民目線で「平和」を求め、語り、育てることがとても重要です。

「広島は平和の原点」と言われますが、それは、被害者の立場からだけではなく、人間の犯した加害の過ちにも目を向け、新しい未来へ踏み出すための原点であると考えます。

「ドイツ平和村をサポートする会」が今年も、福生市公民館に協力し、平和パネル展を開催します。今も世界では紛争が起こり、多くの人々が苦しみ、命の危険にさらされ、核兵器使用の不安も取りざたされています。改めて、命の尊さや平和について、考えてみませんか。

  • ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」 平和パネル展

日 時:8月3日(水)~14日(日) 午前10時~午後5時 (最終日は午後4時まで)
会 場:福生市民会館 1階展示スペース ※月曜休館
お問合せ:福生市公民館公民館係(さくら会館内) 042-552-2118

※マスク着用やアルコール消毒等の感染症予防対策にご協力ください。
感染状況に応じて、中止とする場合がありますので、ご了承ください。

ポスター
あいさつ文

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht.