2020年活動報告

2020年活動報告 2020年は記憶に残る年となりました。コロナ・パンデミックは、あらゆる面で変化をもたらし、紛争や危機的状況にある子どもたちへの援助活動を行うドイツ国際平和村の活動にも制限がかかりました。以下に、2020年のドイツ国際平和村の様々な分野における活動を報告します。 子どもたちに関する活動: 新型コロナウイルスがドイツで感染拡大する直前の2月、アフガニスタンと中央アジアの子どもたちへ通常通りの援助飛行を行うことができました。アフガニスタンから58人、ウズベキスタンから8人、タジキスタンから6人、キルギスから2人の子どもたちを、治療のためドイツに受け入れることができました。パンデミックが発生した3月以降は、通例の形での援助飛行を実施することができず、例えば重症の骨髄炎を抱えた子どもやケガを負った子どもたちを、現地からドイツに連れてくることはできませんでした。ケガや病気を抱えた多くの子どもたちが、コロナ・パンデミックの初期から、私たちの支援を待ち続けています。私たちにとって、大変苦しい現実です。2020年11月のアンゴラ援助飛行の復路便では、以前ドイツにて治療を受けて帰国していた子どもたちのうち、後続治療が必要な子どもたち14人が渡独しました。2020年には、合計で5か国から88人の子どもたちをドイツへ受け入れました。

1 2 3 4 5 6 7 33