ドイツ国際平和村のセカンドハンドショップ1号店の開店から25年

ドイツ・オーバーハウゼン市にあるセカンドハンドショップ

1996年1月、ドイツ国際平和村のセカンドハンドショップ1号店が、オーバーハウゼン市のLothringer通りに開店しました。以来、400平方メートルのショップ面積上で、様々な物が販売されるようになりました。「モノを再利用し、持続可能にしていくこと。環境に対する配慮というだけでなく、モノを購入する際に金銭的な制限がある人々もここなら必要なものを購入することができています」と、ドイツ国際平和村スタッフのサラ・ベックマンは話します。衣類、家庭用品、デコレーション商品など、ドイツ国際平和村の施設で生活する子どもたちが使用しない物を、ボランティアや正規スタッフがこのショップで販売し、ショップからの収益をドイツ国際平和村の活動資金として役立てています。「ボランティアのサポートがなければ、現在のような形でショップ運営はできてなかったでしょう。何人かのボランティアはショップ開設初期から20年以上活動しています」と、ベックマンが語りました。

2007年4月には、オーバーハウゼン市の他の地区に、セカンドハンドショップ2号店が開店しました。そして、10年後の2017年3月には、ドイツ国際平和村のショップとしては3店目のお店「Friedas Welt(フリーダの世界)」を開店しました。この3店目では、セカンドハンドではなく、デコレーション商品やギフト商品に加え、様々なオイルやビネガーを扱っています。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.