代表が代わります 

REPORTAGE - FRIEDENSDORF INTERNATIONAL, Dienstag 07.10.2014 in Oberhausen. Foto: Jakob Studnar / fotopool

代表が代わります
―現代表ヤコブスより―

親愛なる皆様

代表を退任する日が近づいてきました。40年近くドイツ国際平和村の活動に関わり、

そのうちの20年は副代表、そして代表として運営に関わってきました。2019年7月1日からは、ビルギット・シュティフターとケビン・ダールブルフが代表として、ドイツ国際平和村の運営を支えていきます。さらに2人に加え、クラウディア・ペップミュラーも運営に関わることになります。

今後、代表が2人体制になることで、ドイツ国際平和村の中には大きな変化が訪れるでしょう。2人だからこそ乗り越えられる問題や2人だからこそのリスクもあるかとは思いますが、ドイツ国際平和村でこれまで経験を積んできた2人であれば、リスクに素早く対処し、ドイツ国際平和村を良い方向へ導くことができると思います。

私のドイツ国際平和村での活動を振り返ると、そこには、常に皆さんがいました。様々なことがありましたが、常に支えてくれる方々がいたからこそ、続けることができました。ケガや病気を抱えた子どもたちが未来へのチャンスを得て、母国で待つ家族の元へ帰国することに直接関われたことに感謝しています。また、現地プロジェクト活動を幅広く進めていくことができました。さらには、平和教育部門を通しての平和啓蒙活動にも力を入れました。ドイツ国際平和村の設立者の一人である牧師が言いました。「戦地を減らすだけでなく、紛争や暴力の原因に対峙し、取り組まなければならない。」当時の設立者の思いのもと、現在も平和教育部は、様々な活動を通して、若い世代へ伝えていくという責任を担っています。

これまでともに活動し、ご協力下さった皆さんお一人おひとりに心より感謝申し上げます。皆さんがいなければ、現在のドイツ国際平和村は存在しません。最後にマハトマ・ガンディーの言葉で締めくくりたいと思います。「あなたが本当に世界の平和を望むなら、子どもたちから始めよう。」

支えてくださった全ての皆さんへ心からの感謝を込めて

FRIEDENSDPRF INTERNATIONAL
(PEACE VILLAGE INTERNATIONAL)

ドイツ国際平和村

代表

Thomas  Jacobs
トーマス ヤコブス

 

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.