12月13日(木)

12月13日(木)

ドイツ国際平和村の施設では、日常生活の中に「助け合い」が当たり前のように存在します。

治療を終えた子どもたちが帰国する際には、子どもたち1人に一つずつ帰国用かばんがあり、子どもたち自身が自分のものを詰めていきます。子どもたちは、家族に必要と思う衣類や物もこのかばんに一緒に詰めます。詰められたかばんを、ドイツ国際平和村施設から運びだす際にも、もちろん子どもたちが大活躍します。11月に帰国したアンゴラの子どもたちの帰国かばんも、アフガニスタン出身の男の子たちのサポートによって、無事に運び出されました。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.