4600箱をアルメニアとタジキスタンの人々へ!

4600箱をアルメニアとタジキスタンの人々へ!

2017年12月11日(月)8時45分:ドイツ国際平和村本部事務所にある倉庫。その出入り口では

トラックへの最後の荷上げが行われています。たくさんの段ボールがトラックに詰め込まれていきます。この段ボールの積み上げが終われば、このトラックはデュッセルドルフ空港に向かいます。詰め込まれたたくさんの段ボールは、ドイツ国際平和村のパケットアクション活動のために集まった段ボール箱です。

ドイツ国際平和村スタッフとインターン生は、アルメニアとタジキスタンの人々へ段ボールに入った物資を届けるため、本部事務所の倉庫でこの「パケットアクション2017」の活動に従事してきましたが、12月14日に貨物用チャーター機が無事飛び立てば、今年のこの活動は終了です。現地へは4600を越えるこの段ボール箱に加えて、その他の援助物資も送る予定です。合計で80トンになりました。人々がこの冬を越す助けとなるのです。

これらの物資は、貧困家庭、年金生活者や孤児院へ配られます。ドイツ在住の数え切れない人々が基礎食品や物資を規定の箱に入れて提供してくださったおかげで、現地の人々にとって厳しい冬が和らぐのです。アルメニアやタジキスタンでは燃料が不足しています。そのため、エネルギー費が高くついてしまう心配が常にあります。また、日常に必要な食品を購入するための生活費も十分にありません。

ドイツ国際平和村は、このアクションに参加してくださった皆さまに心より感謝します。パケットアクション担当スタッフは、11月後半、毎日のように、様々な学校、幼稚園、自治体の施設へ向かい、段ボール箱を受け取りました。また、個人で箱を詰め、ドイツ国際平和村本部事務所まで届けてくださった人々がいなければ、この活動は成り立ちませんでした。

段ボール箱がデュッセルドルフ空港に向けて出発した後は、次の援助物資輸送活動に向けた準備が始まります。衣類、歩行補助器、医療機器などを、1500km離れたルーマニアに1月第1週目に届ける予定です。ドイツ国際平和村は、2017年、約103トンの援助物資を、ウズベキスタンやアンゴラといった世界中の国々へ送りました。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.